kinmei

顧客のビジネスを解決する
コミュニケーションカンパニー

Menu

サービス

ケーススタディ

prism So-Ko

想定外の事態に負けない!在庫を迅速にキャッシュにする方法

 

新型コロナウイルス感染症の流行防止対策は、様々な形で我々の生活に影響を与えました。特に、外出自粛に伴う経済活動の鈍化を受け、多くの企業が少なくない影響を実感していると考えられます。経済活動が停滞すると、企業のインカムは減少します。そのような局面において、健全な経営を続けていくために重要なのが、キャッシュの確保です。

販促や商品製作など、様々な場面において「最初にまとめて発注することでコストを下げる」という仕組みが一般的でした。この方法は経済が安定している場合においては有効ですが、今回のように予測不可能な緊急事態が生じた際には、大量の在庫を抱え、一時的なキャッシュ不足に苦しむことになります。

これからは、在庫を抑え、製作物を迅速にキャッシュに変えるスタイルに注目が集まってくると考えられます。

在庫を迅速にキャッシュに変える方法

できるだけ在庫を持たず、製作した分はすぐにキャッシュ化することができれば、在庫コストが経営に与える影響は最小限になります。また、キャッシュ化することができなかった在庫を廃棄するリスクも減少し、安定的な資金繰りの一助となります。このような流れを実現するためには、次の3点がポイントとなります。

本当に必要な量だけを必要なタイミングで製作

最も大切なポイントは、今必要な分だけを製作することです。
先々のニーズまで見越し、長期間で必要となる量をまとめて発注した場合、すべてをキャッシュ化するまで期間は在庫となります。在庫による経済的リスクを最小限にするためには、1ヶ月単位など、直近の計画に基づき本当に必要な量だけをこまめに製作することが有効です。この流れがうまくいけば、一時的な経済的負担を最小限にするだけでなく、結果的に在庫が余ってしまうことによるロスを防ぐこともできます。
また、在庫を短期間でキャッシュ化することで、回収したキャッシュを元に次の製作を行うことができ、安定的なサイクルを作り上げることも可能です。

顧客のニーズに合わせたリアルタイム発注

製作したものを迅速にキャッシュ化するためには、最も適切な時期やタイミングと量を正しく把握し、リアルタイムで製作を行うことが有効です。そのためには、顧客のニーズや傾向に合わせ、迅速な発注・製作を行うことが大切です。製作から顧客への提供・キャッシュ化までが最短で行われることができれば、それだけ経済的負担を強いられる期間が短くなり、安心です。

また、その時本当に必要なものをリアルタイムで製作することで、顧客の最新のニーズとズレることなく、真に求められているものを提供することが可能です。マーケティングにおいても、長期的な「予測」に基づき同一内容の製作物を使い続けるよりも、その時その場面における「リアル」を反映して製作を続けることで、真にニーズに合致した施策を行うことができます。

適切な効果判定・分析

上記2つのポイントをまとめると、「必要な時に必要な量を製作する」ということになります。これを効果的に実現するためには、「必要な時」と「必要な量」を正しく把握している必要があります。そのためには、以前に類似した施策を行った効果を正しく判定したり、普段の顧客行動を分析・傾向を把握したりといった仕組みが必要となります。
自社の顧客について知ることで、本当に適切な製作物、間違いなくキャッシュ化につながる製作だけを続けていくことが可能となります。

テクノロジーで経営が変わる

これまで、小ロットでの製作は一括発注に比べて単価が高く、長期的に見るとどうしても在庫を持つ方向に進まざるを得ない傾向がありました。迅速なキャッシュ化を望んでいても、上記で紹介したポイントを全て自社で実現するのは人的コストがかかりすぎて現実的でない、という考え方もあります。

しかし、近年のデジタル技術の向上に伴い、これらの問題を解消するようなサービスが登場しています。例えば印刷業界においては、版を製作しないデジタル印刷の普及に伴い、小ロットでの印刷も、一括発注の場合に劣らない単価で製作可能となっています。発注の簡略化・リアルタイム化や、過去の製作に基づく効果測定を自動で行ってくれるなど、製作物の迅速なキャッシュ化を進めるサービスも提供が開始されています。

これらの新しい技術・サービスを利用することで、今後の経済活動において、よりリアルタイムで効果的な製作・キャッシュ化を実現することができます。その結果、企業経営の安定化にもつながり、さらなるサービスの拡充・新規施策を行うことができるなど、成長につなげていくことも可能となります。

まとめ

感染症の流行や自然災害など、予測不可能な事態による経済活動への影響が注目されてきています。想定外の事態においても安定的な経営を続けていくためには、できる限り在庫を持たず、キャッシュの形で手元に置いておく、という考え方は一つのソリューションとなり得ます。デジタル技術の向上と社会への浸透により、大量製作・大量消費の時代は終わりを迎えつつあります。これからの時代に必要なのは、リアルタイム性・個別性を重視し、製作・提供・回収のサイクル(サーキュレーション)をできる限り迅速に回していくことと言えます。

新しい技術や考え方、サービスを上手に取り入れ、時流に合った最適な経営を行っていきたいところです。

 

< 一覧に戻る

トップへ